• 株、競馬、不動産、アフィリエイト、ポイントサイト。1億円の年収を稼いだ経験とノウハウを書いてます。

ブログにコンテンツを投稿しよう

前回はブログのデザインやテーマについて説明をしましたが、今回はブログに掲載をするコンテンツについて説明をしていきます。


まずは自分のブログに必要な情報を洗い出して、掲載するコンテンツを考え、次はそれをまとめていきます。


ブログに掲載をしていく上で、サイトツリーといった言葉を用いて、系統の同じような情報は同じ枝にまとめていきます。


コンテンツはブログを書いていく上で大切な要素です。


ブログに訪れた人がどんな情報を求めているのかをしっかりと考えてコンテンツをリスト化する事によって、ブログは、より一層充実したものとなります。

投稿の画面について学ぼう

WordPressにはブロックエディターという機能があり、ブロックを組み合わせていくことで、誰でも自由にブログを書いていく事が出来る便利なシステムとなっています。


①ツールバー
ブロックの追加や編集内容の取り消し/やり直しなどを実行できる。

②入力・編集エリア
タイトルや本文、画像などを配置できる。

③「プレビュー」ボタン、「公開する/更新」ボタン
プレビューを確認したり、投稿内容を公開することができる。

④「設定」ボタン
パネルの表示/非表示を切り替えることができる。

⑤「ツールと設定」ボタン
ツールや表示モードを変更したり、エディターを切り替えたりできる。

⑥パネルエリア
「文書」パネルと「ブロック」パネルが表示されるときに選択している場所によって、表示される内容が変わる。


ブロックエディターは、見た目も華やかで使いやすいブログが簡単に作れるようになっています。

ブロックの種類や機能について

ブロックエディターには初期設定で多くのブロックが用意されています。


段落ブロック、画像を表示するブロック、文字表現を行なえるブロック、動画や音声ファイルを表示するブロックなど、様々な種類があります。


・「画像」ブロック
画像を挿入します。キャプション、Altテキスト(代替テキスト)、画像サイズの設定が行えます。

・「ギャラリー」ブロック
複数の画像を並べた画像ギャラリーを挿入します。カラム数、リンク先などの設定が行えます。

・「引用」ブロック
引用文スタイルを挿入します。文字やイタリック、リンクなどの設定が行えます。

・「見出し」ブロック
見出し1~6を挿入します。文字やイタリック、リンク、行揃えなどの設定が行えます。


代表的なブロックを挙げてみましたが、他にも便利なブロックがたくさんあります。


最初に覚えるのは大変ですが、使いこなせるようになれば多種多様なブログにすることが可能です。


これらのブロックを有効活用して、ブログを仕上げて投稿しましょう。