• 副業、投資、アフィリエイト、ポイントサイト、ダイエット、風水、便利グッズなど。ハッピーオーラ全開の幸せな毎日。

おでんは居酒屋気分でダイエット

秋から冬にかける時期となり、おでんが美味しく感じる季節になってきました。


寒くなってくると、コンビニでもおでんが並ぶようになり、身体を温めるのにも最適ですよね。


おでんは美味しいというだけでなく、調理にはほとんど油を使っていないので、低カロリーで、低糖質な食材から食物繊維が豊富な食材、高たんぱく質な食材など、幅広い具材がバランスよく食べられるので、ダイエットに向いていると言われています。

おでんダイエットの効果は?

おでんに使われている食材のそれぞれの魅力を見ていきましょう。


『低糖質』
シラタキ、大根、こんにゃく、厚揚げ、つくね、ロールキャベツ、がんも、昆布 など

糖質を取りすぎてしまうと中性脂肪の値が高くなり、肥満に繋がってしまいます。糖質の一日の摂取量を1日120g前後が目安とすると、糖質コントロールをしている方でも安心して食べることができます。



『高たんぱく質』
つくね、たこ、牛すじ、厚揚げ、卵、豆腐 など

たんぱく質は筋肉を作るのに必要とされており、1日に必要なたんぱく質を体重×1~1.5g程度が目安とすると、たんぱく質をしっかりと摂取する事ができます。



『高食物繊維』
大根、シラタキ、こんにゃく、ロールキャベツ、昆布 など

食物繊維は悪玉コレステロールを体外に排出してくれることや、お通じなどにも良いとされており、血糖値の上昇も抑えてくれるので、摂取する事で健康予防に繋がります。

おでんダイエットで避けたい食材

おでんダイエットが効果的であっても、中には避けたい食材もあります。


糖質が多いものは、できるだけ避けると良いでしょう。練り物は1つあたり糖質が5g程度、もち巾着には15g程度含まれています。


ローカロリーだと言っても、量を食べすぎてしまったのでは意味がありません。


糖質や塩分などを考えながら、適量を食べるという事がダイエットの効果に繋がります。

また、テレビなどで、屋台でおでんを美味しそうに食べているシーンなどを見かけることがありますが、実際にはなかなか難しいものです。

自宅でもそんな気分を味わいたい時にオススメなのが、にせんべろメーカーです。



「せんべろ」とは、予算1,000円で、美味しいおつまみとお酒を味わうこと。


にせんべろメーカーは、予算2,000円を目安にするように、1人では贅沢に、2人で一緒に楽しめるというセットです。


おでん、焼き鳥、炙り網、熱燗など、自宅にいながら居酒屋気分を味わうことが出来て、火を使わずに電源スイッチを押すだけの簡単操作なので安心しながら、ゆっくりと楽しむことができます。


余計な油を落として美味しくヘルシー、場所もとらないコンパクトサイズなので気軽にアツアツ料理の晩酌を味わうことができます。


おでんは、自宅にいながら居酒屋気分で楽しくダイエット。


ぜひ、素敵な時間を満喫してください。